×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アンカーを作ったら

   ホールディングゲームではできるだけアンカーを崩してはいけません。
   最後にどうしようもなくなってから、崩しても良いくらいです。

   どんな場合にアンカーを崩しても良いのでしょうか。

   一つはホールディングゲームからランニングゲームへとプランを変更する
   場合です。こちらの方が駒が進んでおり、さらに大きなゾロ目を振って
   安全にアンカーをそのまま進めることが出来る場合などは、
   アンカーを崩しても構いません。
   

   もう一つはヒットできる場合です。
   単純にヒットできることは、うれしいのですが、特に有効なのは、
   ヒットすることによって勝ちが決まるような場合です。
   

   逆にヒットしても勝ちが見えないときは注意しましょう。
   ヒット出来る目を振ったからといって、必ずヒットしなくてはいけない
   わけではありません。ヒットしてブロットが発生することによって、
   相手の逆転を手助けしているかもしれませんよ。
   


                                      ←back     →next