×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ボード・駒の並べ方

   ゲームに使うボード(盤)はこんな感じです。
   board

   デザインに優れ、かっこいいと思うのですがどうでしょう。
   一般的なボードは折りたたんだら、鞄みたいになるので持ち運びもOK。
   色や素材もいろいろあって、木やフェルト、高いものには本革ってのもあります。
   大きさも色々ありますが、ある程度大きいものの方がゲームをしていて気持ち
   いいです。ちなみに、購入したいときは、京すごろくさんがお薦めです。
   色々な種類を取り扱っているので、好きなものを選べます。

   さて、使い方ですが、相手と向かい合わせに座りますので、その間にボードを
   広げればOKです。三角のところがマスになっていて、駒を置く場所になります。
   駒はお互い15枚ずつで色違いです。増えたり減ったりはありません。

   はじめに、駒の色と進行方向を決めます。
   駒の色も2種類でしたが、進行方向も2種類あります。
   (自分の色は緑色で表示しています。)
   
   

   右側がスタート、ゴールになる場合と、左側がスタート、ゴールになる場合が
   あります。コンピュータ上でする場合には、いつも同じ方向の場合が多く、
   特にYahooでされていた方は、いつも右側がスタート、ゴールですね。
   通称Yahoo回りとも呼ばれます。

   通常は、お互いダイスを1個ずつ振って、大きな目が出た方が、駒の色と
   進行方向を決めます。同じ目なら振り直しです。
   上級者は相手に決める権利を譲ってあげても良いですね。気持ちよくゲームを
   始めることが出来ます^^。

   駒の色と進行方向が決まれば、次に駒を初期配置に並べます。
   初期配置はこんな感じです。
   
   番号や印もないので、初心者のうちは相手のまねして置いていけば安心です。
   向かい合わせに置きましょう。

   上級者にどちら回りでも良いですよと言われたらどうしましょう。困りましたね。
   そんなときは、始めにゴールのところを決めるのをお薦めします。
   駒の何個かを図のようにゴールに合わせて置きます。これで、相手もどちら回りで
   あるかがわかるはずです。あとは、相手がさくさくと並べたあとから、
   まねすればOKですね。
   

   一応、自分でも並べられるように、説明しておきましょうか。
   一番始めに置いたゴールのところは5個の駒です。大体ボードの三角が
   隠れるらいですね。

   次に置くところは、スタート地点です。
   
   ゴールとスタートは同じ側でしたね。ゴールが右側なら、スタートも右側。
   ゴールが左側なら、スタートも左側です。
   スタートのところは駒が2個です。これらの駒はバックマンとも呼ばれます。
   いわゆる最後の砦ってやつですね。ここを越されてしまうと相手はゴール間近
   です。

   次は中間地点です。相手に近い側の中間地点(ボードの端です)に置きましょう。
   ここには5個です。
   
   ここは、中間地点なのでミッドポイントとも呼ばれます。後ろから来た駒は、
   ここを拠点に前進します。重要なポイントです。

   残りは3個ですね。ちょっとわかりにくいですが、ここに置きます。
   
   名前は無いんでしょうか?あえて言うなら8ポイントです。
   バックギャモンでは、ゴールに近いところから1ポイント、2ポイント、、、
   と名前を付けています。だから、一番始めに置いた5個の駒があるところは
   6ポイントですね。最後は6ポイントから一つとばして、8ポイントに置きます。

   
   お互い駒を並べ終わったら、ゲームを始める準備が出来ました。
   “よろしくお願いします”と挨拶をしてゲームを始めましょう。


                              ←back     →next