×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ゲームのコツ

   ゲームを進める上でのコツって無いんでしょうか?
   ここでは、4つだけ、あげておきましょう。

   1つはポイントを作ることです。
   ポイントを作ることで、ヒットされませんし、
   相手も自由に進むことが出来なくなります。
   出来れば、隣同士くっつくようにポイントを長くしていくと、より効果的です。
   (プライムといいます)

   2つめはヒットすることです。
   ヒットできるときは、見逃さずヒットすることが勝ちに繋がります。
   バックギャモンはレースのゲームでもありますので、
   ヒットすると相手はゴールから遠のきます。
   ヒットが効果的な場所はどこでしょう?
   相手のゴールに近いところならより効果的です。
   スタートまで大きく戻されます。
   相手のスタートに近いところで、ヒットしてもあまり効果的ではありません。

   3つめは1番目とも少しかぶりますが、インナーボードは大事ということです。
   自分のインナーボード(ゴール近くの1ポイントから6ポイントまで)は
   重要な場所ですので、ポイントを作れば作るほど有利になります。
   なんと言っても相手をヒットしたあとダンスする確率が上がります。
   どんどん作っていきましょう。
   作るときは、ポイントが続くように作る方がよいので、5ポイント、4ポイントと
   作っていくのが理想です。
   逆も真なりということで、相手側のインナーポイントでは良い位置に作られない
   ように、先にバックマンを進めてポイントを作っておくことも重要です。
   相手の5ポイントに作ることが出来れば最高ですね。
   もちろん、相手も同じことを考えていることもお忘れ無く。

   4つめは無駄駒を無くすということです。
   バックギャモンではヒットされない限り駒が戻るということがありません。
   そのため、駒がどんどん進みすぎて、自分の1ポイントや2ポイントに駒が
   たくさんある状態では、何の役にも立ちません。
   駒は全部で15個しかないので、全ての駒を有効に使うようにしましょう。
   例えば、プライムを作るときには、プライムの長さ×2個の駒が必要なので、
   長くなればなるほど、たくさんの駒が必要になります。

   4つのコツについて触れましたが、ポイント作りやヒットなど、
   ボードの全体を見て、効率よく行っていくことが必要です。


                              ←back     →next