×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

バックギャモンの楽しさ

   そろそろ、初心者卒業と言ったところでしょうか。
   最後にバックギャモンの楽しさについて、思うところを少し。

   私は、常々バックギャモンはゲームの王様だと思います。
   入口は非常に敷居が低いのですが、知れば知る程、奥深さに気付かされます。

   初心者と上級者の対戦もハンデもなく、行うことが出来、初心者が勝つことも
   普通に起こります。
   相手を選ばず対戦できることは重要で、様々なレベルの人達が一緒になって
   遊ぶことが出来ます。
   いろいろな人とわいわいとゲームするのは楽しいものです。

   運とスキルの両方が非常に上手くかみ合っているゲームで、
   上達の楽しみもあります。
   頭脳ゲームですので、考えてゲームすることで、思った通りの展開に
   なってくれることもありますが、バックギャモンでは、あり得ないようなことが
   普通に起こります。
   ゲームとしては、運の要素も強いのですが、お互いが見えるボード上で
   繰り広げられるため、単純についている、ついていないが、はっきりと
   2人で共有できるところが、より楽しめるのだと思います。
   そこで、ダイスを振るときには、お互いが良い目を念じて振ることになります。
   基本的には当然どうにもならないわけですが、良い目を念じて振り、
   (それが偶然でも)良い目が出る。このことがゲームの楽しさを増しています。

   また、同じ人と繰り返しゲームを行っても、毎回違う展開になるので、
   一生楽しめるゲームであると思います。


                              ←back     →next